不妊治療に対する考え方

 

 

自分の経験から

 

じつは私自身も、子供がなかなかできず悩んでいた時期がありました。

世間からのプレッシャーは経験した人でないとわかりません。このままでは…との思いから、今までおろそかにしていた不妊鍼灸治療を自分たち夫婦に始めて、さいわい妊娠できました。妻の妊娠が分かったとき、嬉しさより先に、まずほっとしました。

ですから、不妊で悩む方の気持ちはよくわかります。

その経験をもとに不妊治療を本格的に始めたところ、前職ではあっという間に不妊の有名治療院になりました。

『熊谷の不妊治療』なぜ、これほどまでに多くの方から支持されてきたのでしょう。

まず、私の不妊治療に対する考え方からご説明します。

 

 

不妊症を治療するとは・・・

 

インターネットで『不妊治療』と検索すると、じつに様々なページが出てきますね。なかには、『これをやれば絶対妊娠できる』みたいに書かれているものも見かけます。不妊で悩む方は切実ですから、つい試してみようかな、と思ってしまいますよね。お気持ちは分かります。でもちょっと立ち止まって考えてみてください。

ヒトの生殖に100%妊娠する方法はありません。それは自然妊娠だろうと体外受精だろうと同じです。高度生殖医療が進歩した今日でも、やはり赤ちゃんは天からの授かりものなのです。

 

では不妊を治療するとはどういうことなのでしょう。

私はこう考えています。

『最も妊娠しやすい状態に近づけること』

言い換えると

『こころとからだを健やかに保ち、天からの授かりものを一番受け取りやすい状態にすること』

これが不妊治療の目的だと考えます。

 

こころとからだを治療する

 

 

こころとからだの両方、という所が肝心なのです。

確かに、お体の調子を調えることは大切です。生理不順や生理痛を治すことはもちろん、冷えや肩こりなどもしっかり治療する必要があります。他にもご本人の自覚症状がなくても、妊娠に必要な機能を高めることが重要です。

 

しかし、それだけでは不十分です。こころのケアも大切です。

もともと東洋医学ではこころとからだは一つのものと考えます。悩みや不安がからだにも悪影響を与えるのです。不妊治療を受けている方の多くはじつにさまざまな悩みをお持ちです。妊娠はとても複雑でデリケートなからだの作用で起こります。それらの作用が上手に機能するために、こころも健やかに保つ必要があるのです。

 

 

もっとも妊娠しやすい状態とは

高い山に登ろうとするなら事前の準備が欠かせません。体力作りや健康管理をおろそかにしては、とても頂上には到達できません。

女性にとって、妊娠から出産に至る道のりは長く険しいものです。ある意味では命がけですよね。準備不足のままスタートすると、危険な目にあう可能性すらあります。だから、十分な準備が整うまで妊娠しないような自然の摂理があっても不思議ではありませんよね。

 

今までにいろいろな治療方法を試してこられた患者さんが、『心と体を健やかに保つ』ようにしたところ、あっさり妊娠されたケースがあります。そんなとき思わず『この赤ちゃんはとてもお母さん思いの子なのかな。お母さんに過度の負担を掛けないように、準備が整うまで待っていてくれたのかな』などと思ってしまいます。少し考えすぎでしょうか?

 

不妊の患者さんは切実な悩みを抱えておられます。『どうして私だけが・・・』『またダメだった』など。でももう悩まないでください。決してあなたが悪いわけではないのです。

どうすれば最も妊娠しやすい状態に近づけることができるのか知りたいとお考えの方、専門知識と技能を持った私が全力でお手伝いいたします。

 

次はこちら

7つの特徴

 

ご予約・料金

 

       お客様の声

 

       不妊治療トップページ

 

ご予約・お問い合わせはこちら

 

044-935-0309

▲このページのトップに戻る