当院の特徴

当院の治療は、肩こりの根本原因に直接アプローチすることができます。

 筋肉の硬化に対して

鍼にはもともと筋肉を緩ませる作用があります。深い部分にある細かい筋肉にもアプローチできます。また、からだにある経絡とよばれる気血のルートを使って、はなれた部位から治療することで、さらに治療効果を高めることができます。肩こりのツボが手にあるのはこのためです。

 

 血流不足に対して

鍼は血流を増やす作用があることがわかっています。からだにとって鍼は小さな異物です。異物がからだに入ってくると、免疫機能が活性化して、異物を流そうとして血流が増えるのです。そのついでに不要な乳酸や発痛物質も処理されるので、たいへん効果的です。

お灸の温作用にも同様の効果があることがわかっています。

 

 精神的ストレスに対して

精神的ストレスに対して鍼灸治療は有効です。鍼治療を受けた患者さんから、『すごいリラックスできた。』『なんかフワーと眠くなった。』などの感想をよく聞きます。これは鍼に自律神経を調整する作用があるためです。治療により交感神経がおさまり、副交感神経が優位になったのです。

また東洋医学ではストレスは『気』がとどこおった状態と考えます。とどこおった気を調整してあげることで、ストレスは軽減します。鍼灸治療がストレス性の疾患に効果を発揮するのはこのためです。

 

 内臓のつかれに対して

東洋医学では、からだの状態を内臓のつかれと関連づけて診断することがあります。肝、心、脾、肺、腎の5つの臓器のうち、どれがいちばん疲れているのかを判断します。これはべつに内臓に病気があるかないかを診断するものではありません。各内臓にはそれぞれ受け持っている作用があります。たとえば、肝には血液を全身に分配する機能があり、腎には腰や下半身の状態をつかさどる機能があります。これらのうち、どれがいちばん機能低下しているかを判断します。そして鍼灸治療によって低下していた機能を高め、臓器のつかれを改善します。

 

このように当院の治療は肩こりの根本原因に直接アプローチすることができるので、高い効果が出せるのです。

肩こりトップページ

肩こりの根本原因

当院の特徴

当院のメリット

ご予約・料金のご案内

患者様の声

▲このページのトップに戻る